Yahoo! JAPAN Hack Day とは

テクノロジーで遊ぼう!
Yahoo! JAPANはクリエイターのみなさんと一緒に、最新技術を楽しんでいます。テクノロジーって本来は堅苦しくなくて楽しいもの。企画展やライブステージなど、盛りだくさんの内容で毎年イベントを開催しています。中でもハッカソンは日本最大級! クリエイターが大勢集まり、ものづくりをオールナイトで楽しむフェスとなっています。

Hack Dayのモチーフは赤いバラ。
棘があり育てるのが難しい花ですが、愛情と手間をかけた先に美しい花が咲いたときの喜びはひとしおです。プログラミングの開発工程だって一緒。注いだ熱量がデジタルで咲いた姿、それがポリゴンローズです。
つくるってたのしいね!

歴史

  • 2005年

    ハッカソンイベントとして、米国のYahoo! Inc.で発祥。
    以後、世界各国のYahoo!へ。

  • 2007年12月

    日本上陸。ヤフー株式会社の社内イベントとして毎年開催されるように。

  • 2013年2月

    社員だけでなく、社外のクリエイターのみなさんも一緒に楽しめるオープンイベントへ進化。

  • 2014年7月

    アウトドアでスピンオフ、「Camp Hack Day」開催。
    青空の下、キャンプ場でものづくりを楽しむハッカソン。

    Yahoo! JAPAN Camp Hack Day
  • 2016年2月

    この年から秋葉原で毎年開催。

  • 2017年2月

    クリエイターフェスへと進化。
    ハッカソンのみの時代から、もっと多くの人が楽しめる複合イベントへ。

  • 2017年12月

    10周年「Hack Day 10th Anniv.」開催。同じく10周年の初音ミクとコラボ。

    Yahoo! JAPAN Hack Day 10th Anniv.

過去のイベントページ

Yahoo! JAPANの取り組み

ヤフーは、なぜこのようなイベントを開催しているの?

それは単純に、テクノロジーって楽しいものだから。プログラミングも、敷かれたレール通りじゃつまらないですよね。好きにつくれるから面白い、動いちゃうから面白い、他人の発想やフィードバックと触れ合えるから面白い。そんな事に気づく仲間が増えて欲しいのです。

私達はクリエイターが輝ける環境づくりを目指しており、その1つが10年以上続いているHack Dayです。ヤフー社内では、人材育成やクリエイターコミュニティーの仕組みとしても機能しています。

商標について

「Hack Day」という名称は、日本国内ではヤフー株式会社が商標を保有しておりますが、公序良俗に反しない範囲内であればイベント名などにお使い頂いてかまいません。

例えば、他の企業や主催者により、MUSIC HACK DAY、Art Hack Dayといった名称のイベントも開催されています。日本中にいろいろなHack Day仲間が増えることに期待しています。

使用時の連絡は不要ですが、https://hackday.jp/ へのリンクやSNSアカウントをご紹介頂けたら、私達からもみなさんのイベントをご紹介できるかもしれません。